ダンス防音
ダンス防音メニュー

ライン

環境スペースの
防音体験ルーム

当社オリジナル
KSAパネル

ライン

音の体験会
毎週開催中♪

ライン

相互リンク随時募集中です
●お電話でお気軽にどうぞ
TEL:03-5795-1215
10:00~18:00まで
(土日祝祭日を除く)

●メールの受付は24時間
お問い合わせはお問い合わせ

ダンス防音>遮音・防振設計

遮音・防振設計について

遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面 から考えますが、ダンススタジオの場合は
室内で出す音や床の振動が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが重要です。

空気伝播音は、D値、床衝撃音は、L値という等級で評価されますが、D値、L値と聞こえ方の関係はおおよそ下表の
ようになっています。外部の状況、隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、おおよその目標値は
D-55~65、L-40~L-30となります。

遮音等級と聞こえの関係

空気伝播音
空気伝播音

床衝撃音
床衝撃音
「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

遮音・防振設計概念図

ダンススタジオでは、振動を伝搬させないような床の防振構造が必要不可欠となります。
また、壁・天井に入射した音が物体内を伝搬し隣室に放射する音(固体伝搬音)があるため壁・天井の遮音・防振構造(浮遮音層)が
必ず必要となります。 苦情の多いダンススタジオでは、防振構造が無いところが非常に多く問題となっています。

たとえば、地下室につくるので壁の遮音層はいらないと考えがちなのですが、それが致命傷になってしまう場合があります。
また、市販のダンス用、体育館用システム床を使用する場合、使用方法を間違えると現在のスラブより 性能が低下し問題となる
可能性もありますので十分な注意が必要です。
遮音・防振設計概念図

ダンススタジオで良い室内環境をつくりだすためには、室内の静かさが必要となります。
そのためには外部からの騒音及び内部の設備騒音を防ぐことです。内部の設備騒音の目標は下記に示す表より
NC-25~35程度になります。また、外部騒音は、建設場所の事前調査が必要となります。

用途別室内騒音の許容値

用途別室内騒音の許容値

無料見積もり・お問い合わせ

ページTOPへ